アルバイトでもキャッシングが可能になるケースの特徴とは

f:id:cee0tqts0vesanreeea1wnfn:20190126093402j:plain

たかじょう

キャッシングに申し込むには審査が必要であるため申し込みをした人全員がお金を借りることができる訳ではありません。金融会社から融資を受けたいけれど、アルバイト分の収入しかないので、審査で断られるかもと考える人もいます。

 

キャッシングの審査を、アルバイトが受ける

 

キャッシングの審査を、アルバイトが受ける時に考えるべきことは、一体何でしょう。キャッシングサービスは総量規制が適用されますので、融資を希望する金額が高くなりすぎないようにすることが大切になります。

 

キャッシングの申し込みをする時に、年収の1/3より大きい金額を申請していると、それだけで総量規制から外れてしまいます。

 

バイトでも長期間勤続している人程、審査の時にはプラス評価

 

一つの勤務先にずっといる人のほうが、キャッシングの審査ではプラスになります。安定した収入を得ていると見なされるからです。アルバイトでも仕事ですので、同じ会社に長期間勤続している人程、審査の時にはプラス評価につながります。

 

 

同じアルバイトでも、一つの場所にずっといる人と、色々な場所で働いている人とでは、職をこまめに変えているほうがマイナスになります。

 

過去のキャッシング利用履歴は得に重視される

 

 

過去のキャッシング利用履歴は、審査で得に重視される部分です。債務整理や、長期滞納の経験があると、情報が残ります。携帯料金の滞納や、キャッシングの支払い遅れなども関係していますので、該当する人は気をつけましょう

 

金融機関は、キャッシングの審査を行う時に、信用情報会社に残っている金融商品の利用履歴をとても重視しています。金融会社としては、アルバイトでも、これまで支払いを遅らせたことがなく、同一の企業でずっと働いていれば、融資OKと判断するわけです。